2010.09.17

ディズニーシー、ディズニーランド、そして松山……ヾ(≧▽≦)ノ♪

ディズニーシー、ディズニーランドの写真、Flickrにアップ。

Dsc_3529
ディズニーシーは台風直撃だったので、大雨の中散策(T_T)
ショーはないわ、キャラクターはおらんわでさみしかったけど、こっちは町並みがオモシロイので散歩するだけでも画になる感じ。
上は海底20000マイルのノーチラス号。メッチャ感動!
それにしても……コクピットあたりがミッキー(ネズミ?)ぽいと思うのはオイラだけ?
http://www.flickr.com/photos/porco381/sets/72157624961263384/

Prc_1462
2日目は台風一過の良い天気。
ハロウィンの初日だったので、パレードはハロウィンver.と夜のエレクトリカルパレード。
オイラ、昔からエレクトリカルパレードのテーマが大好き! あの曲を聴くと元気になるんだな。



http://www.flickr.com/photos/porco381/sets/72157624836744365/

やっぱ夢の国はスゴイな。
そんなに興味がなくても、行けばめいっぱい楽しくなっちゃうもんな。恐るべしディズニー、恐るべしオリエンタルランド。

Dsc_8114
そして、何故か愛媛松山(笑)。
エッと……5月に行ってプレだけアップしたのに、Flickrに上げるのをすっかり忘れていて( ̄∇ ̄;)
道後温泉や内子などに行ってきた。
楽しかったなぁ。ツヨコさんにはすっかりお世話になってしまって…… 
♪ありがとぉぉと伝えたくてぇ〜〜〜♪
また遊びに行きたいなぁ。

http://www.flickr.com/photos/porco381/sets/72157624838922843/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

帰省時の楽しみは……

Dsc_6954

帰省時の楽しみといえば、やっぱりラーメン。

沖縄のラーメンのレベルが上がったとはいえ、やはりまだまだ内地にはかなわない。
何しろ店の数が段違いだから、どこに行っても激戦区。
切磋琢磨し、美味しいものを提供しなくては消えざるを得ない。(大げさかな?)

ということで、実家に帰ったときはラーメン屋に行くのが楽しい。
今回の帰省で行ってきたラーメン屋さん。

Dsc_6932
旧市川ー松戸有料(いまは無料)道路沿いのラーメンショップ。
まずまずの味だけど、やはり産業道路沿いのラーメンショップイワセがウマイ。

Ramenshop_iwase
今回は行けなかったけど、これがイワセの方。
高校時代からのお付き合い。
麺は太めでヤワヤワだけど、これはこれで合っていてウマイ。
生ニンニクをたっぷり入れて食す。
難点は具がセコイほど少なめ(笑)。

Dsc_6944
全国にチェーン展開している「幸楽苑」の極旨醤油らーめん白髪ネギ増し。
390円(トッピング100円)という値段を考えれば充分に美味しい。

Dsc_6956
今回もっとも楽しみだったのは市川大野にある「ひさご亭」。
これぞまさ「ザ・醤油ラーメン」。実にウンマイ。

そしてココの名物といえば……

Dsc_6958
この巨大な餃子(写真は半餃子400円/6コで700円)。
皮がパリッとしていて、餡が少し甘いのが特徴。
とにかくデカくて、TVなどでも紹介されているハズ。

そして今回は行ってないけど、お気に入りのラーメン屋。

P1160588
実家からほど近い、松戸の「珍来」。
ココも昔ながらのラーメンで、よくワンタン麺を注文する。
ま、無難ちゃー無難な味(笑)。

Kaminari_honten
国道6号線沿い、北松戸駅にほど近い「雷本店」。
ココは気に入っているワケじゃなく、最近何かと名前を聞く「中華蕎麦 とみ田」という店の系列と言うことで行ってみただけ。
太めの麺がモチモチしていて、なかなか美味。ただオッサンにはちと重いかも(笑)。

P1150563
これも東京では有名な「九州じゃんがらラーメン」のじゃんがらラーメン。
独特の味で、時々無性に食いたくなる。
今度帰ったときは行ってこよう。

P1150513
オイラがもっとも愛するラーメンが、西麻布「赤のれん」のメンマ麺。
何度食っても飽きないなぁ。
約一名を除き(笑)、連れて行った人たちに好評をいただいている。

P1150509
この一口餃子がまた旨い! ちょっと皮があまいのだ。

この「赤のれん」もしばらく行けてない。今度は行ってくるかな。
駐車場がないのが難点なんだよなぁ。
あ、ココの近くにあるエントツ屋も行きたいなぁ。

_a224833
最後はオイラにとってのソールフード、本八幡「月梅」の塩ラーメン。
自分の親父の代からのお付き合い。物心付く前から食ってたハズ。
めっちゃシンプル。ただし、ネギともやしは載せ放題。

_a224830
そして必ず一緒に食べるのがこの餃子。
みんなネギの乗せてラー油を振りかけて食べるけど、それでは本来の味がわからないと思うんだけどなぁ。舌が肥えただけかもしれないが、昔はもっと旨かった。
よく親父がお土産で買ってきてくれたっけ。

今度帰省するときは、ちょっと余裕を持ってラーメンツアーでもやるかなぁヾ(≧▽≦)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.04

一足早い夏

Hanabi

フィルム現像の関係でもうだいぶ時間が経っちゃったけど、大西さん主催の「オオニシ会」のとき、いい大人が夜中にベランダで花火(笑)。

Scannedpicture302

なんか花火の光って良いなぁ。
自分は見ている(撮っている)だけだったけど、充分楽しかったなぁ。バカになれる大人たちはステキです。

Soyokaze

“夏(のような)”暑さを癒してくれるのは、古民家の窓から優しく吹いてくる「そよ風」。

最近お気に入りである風庵の窓から流れるそよ風もステキなのです。

Nikon FM10 (Film : Fuji Velvia / MINOLTA Dimage Scan Dual IIにてスキャン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.11

時代に逆行?

新しい仕事の準備、そして仕事探しもままならないというのに、(ホントに時間の使い方が下手だなぁと思う)個人的な楽しみに関して(要はカネにならないこと)は、すぐに見つかるというか、どんどん興味が湧くというか……( ̄∇ ̄;)

さて本題。

長い間生業としている文章に加え、最近では写真家業もやってるわけだが(コッチがメインになるようがんばらねば!)、こと写真に関しては、オイラはデジタル世代といって良い。

フィルムカメラしかない頃は、もちろんフィルムで撮っていたがあまり考えて撮っていなかった。ピンを合わせるくらいで、あとはカメラまかせ。

それがラリーの世界を取材するようになって、カメラマンにいわゆる流し撮りのためのノウハウを聞き、シャッター速度について知ったくらい(笑)。でもこの頃からカメラが楽しくなってきた。

そうして時代はちょうどデジタルへと突入していく。最初のデジカメはカシオの名機、QV-10。

M0013988
(by Ricoh Caplio GX100)

いま考えれば、とんでもなく低いスペックだが、当時は充分におもしろかった。

そこからはじまったデジカメ生活は、いまや仕事して撮影するまでになったわけだが、ここへ来てフィルムのカメラに興味が湧いてきた。

まずはニコンF4。デジカメでは枚数を撮りすぎてしまうので、撮れる枚数が限定されているフィルムを使うことで、もっと一枚一枚を大事にする撮り方を思い出そうと思ったのだ。もっともフィルムとデジタルはまったく別の種類のカメラと考えた方がイイかもしれないけど。

予想以上にF4で撮るのは楽しかった。
仕上がりもデジタルとはまた違う雰囲気(腕はともかく…)でイイ感じ。

そうなると、今度は露出もシャッター速度もすべて自分で操らなくてはいけないフルマニュアルのカメラに興味が湧いてくる。

で、つい……

Dsc_7788
(by Nikon D700 / 上の写真と撮り方の気合いがエライ違うな……( ̄∇ ̄;))

ニコンFM10。
オークションで6000円で落札。

あぁ、6回は外でメシが食えるのに… おサイフが厳しい時期なのに……

でも楽しい(⌒‿⌒)
デジタルではなかなか理解しづらかったカメラに関する座学が、フルマニュアルを操作することによって基本がわかってきた気がする(気がするだけだが)。まさに趣味と実益。

さて、どんな写真が撮れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)