2010.09.18

子供写真

先日の帰省のとき、オイラのことを兄のように慕ってくれる(実の兄がいるのに…笑)さとみと会ってきた。
オイラよりも半年程早くオキナワに引っ越していたのだが、いまは地元に帰ってきている。

で、今回長男と、年子の双子の3人と一緒に食事に行った。

長男は沖縄にいるとき(といってもまだ生まれたての頃だけど)会っていたのだが、これがなつかなくってオイラの顔を見るたびに大泣きしてたっけ。下の子も沖縄で生まれてたけど、会う機会がなかった。

なので、ちょっと不安があったんだけど、上の子ももう3歳。最初はちょっと警戒してたけど、すぐに仲良くなれた。下の二人も同様。そうなると可愛くって仕方がない。

Dsc_3740

Dsc_3739

Dsc_3680

それにしても、小さい子を3人連れてメシを食うのは大変なんだね。
はじめて小さい子たちとメシを食ったのだが、ゆっくり食ってられないもんなぁ。
食べさせつつ、遊ばせつつ、叱りつつ……
世のお父さん、お母さんはエライよ、ホント。

いや、でも可愛かったなぁ。
一番下の写真の子は、帰り際に別れるのをイヤがって、オイラに抱きついて離れないんだもの。
そんなことされちゃった日にゃあ、たまらんよ。

ま、今回はちゃんと撮るつもりがなかったからカメラもサブのしか持って行かなかったけど、次回はチャンスがあったらちゃんと外で撮らせてもらおうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.03

歳かねぇ…(笑)

先週末、土曜日はぽーぽーず、
日曜日は家畜バンド(仮)と、ライブが続いた。
さすがにカラダが疲れてしまって、いまだダルさが続いている。
タイトルの「歳かねぇ」はそういうことだ。
イヤハヤ、歳は取りたくないモノである。
カラダと精神の年齢が一緒なら問題ないのだろうが、
オイラの場合、精神だけが妙に若い(自分で言うのもなんだが…)。
そのギャップは大きく、たまに呆然とする。
が、だからといって運動をしているわけでもないので、
結局は自業自得なんだけど。

で、7月30日、土曜日。
この日は埼玉にある神根苑というケアハウスの納涼祭に
ぽーぽーずとして出演。
この納涼祭、今年で3回目の出演となるのだが、
ちょっと『慣れ』が出て、結果的には満足できない内容だった。
ライブ自体は悪くなかったと思う。
スタッフやボランティアの人たちは喜んでくれていた。
しかし、この日の主役はあくまでお年寄りだ。
そう、お年寄りのことを考えなさすぎた。
スタッフのリクエストには応えたが、
果たしてお年寄りたちにはどうだったのか?
MCにしろ、唄にしろ、早すぎたのではないか?
お年寄りたちには何を言ってんだか、唄ってんだか、
わからなかったのではないだろうか。
ステージを降りてスキンシップをした方が良かったね、
とやはり老人ケアの仕事をしている娘にアドバイスをもらった。
もし来年も呼ばれるのであれば、今回のことを反省して、
もっとお年寄りに喜んでもらえるステージをしたいと思う。

そして7月31日日曜日。
この日は何ヶ月かに一回の『家畜バンド(仮)』のライブ。
この『家畜バンド(仮)』は、若夏に集まる人間で構成されている。
下は12歳から上は40歳まで。
ミュージシャンからスタッフ、お客さんと、
様々な人間が集まっている。
もともとは、オイラがぽーぽーずがやれないときでも
音楽やりたいと思って、キーボードの計ちゃん、
ギターのトシ、そしてドラムの泰貴をさそって、
ブルース・バンドを作るつもりだった。
でも音楽をやりたいって子たちが何人かいたので、
ブラス隊を含めた大人数のバンドになったのだ。
そんなわけもあって、
『とにかく楽しんで演れるバンド』として結成したのであった。
で、今回で4回目のライブ。
でもまだまだ演れる曲が少ないので、
前回に続き(その前の2回はチャリティライブ)、
ジョイントライブというカタチを取った。

今回一緒に演ってくれたのは、「琉〜RYU〜」くん。
石垣島出身で、三線片手に唄を唄っている。
モノスゴク良い声。特に高音の伸びたときの声がステキです。
オリジナル曲もグッと染み入る曲で、ぜひ聴いてみて欲しいなぁ。

図々しくも、我ら家畜バンド(仮)は後半に出演。
イヤァ、実に楽しかった。
新しく挑戦した曲、東京スカパラダイスオーケストラの
「めくれたオレンジ」もウマクいったし、
とっても楽しかった。完全燃焼…
いつもながら、このバンドの本番の強さには驚かされる。
練習も4回程度で、全員での練習はたったの一回。
なのに、練習でできなかったことまで、できてしまうのだから、
良くも悪くも本番に強いんだろうなぁ。

アンコールは、琉くんとのコラボ。
BEGINの「かりゆしの夜」「島人ぬ宝」。
お客さんもノリノリで、スッゴク楽しい時間だった。

ライブ後も琉くんたちと結構な時間までユンタク。
そりゃ、疲れも残るわな。
タバコ、やめるか? カネもないし。
ウ〜ン、いまは無理かな?
仕事の時にはやっぱタバコは欠かせない。
なんせ机の上の灰皿はこんな状態。

DSC00549

ルパンやブルース・ブラザーズ、探偵物語が好きなオイラは、
こんなになっている灰皿もけっこう好きだったりする。
(だから店で灰皿を替えられると、なんかさびしいのだ)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.04.13

家畜バンド(仮)ライブ!

050411

オイラが「ぽーぽーず」というユニットを組んでいるのは、
知っている人も多(くはないか…笑)いと思うけど、
実はもうひとつ、大所帯のバンドに所属している。
それが「家畜バンド(仮)」だ。

その家畜バンド(仮)が、
先週の土曜日、4月9日にはじめてチャリティ以外のライブを行った。
なにしろオイラ含め9人の大編成バンド、
(上は40歳から下は12歳まで…何ちゅーバンドじゃ…笑)
ライブ当日まで、ホントにやれるのかどうか不安で不安で、
いろ〜んなことがあって、
オイラは胃のキリキリ傷む日を過ごしたのでした( ̄∇ ̄;)。
ま、それもこれも、無事に、しかも楽しいライブをすることができて、
み〜んな吹っ飛んだのだった。
メンバーも楽しそうだったし、ホッとしたぁ。
次のライブはまだ未定だけど、また楽しくやれたらイイなぁ。
とにかく音楽は、楽しくやるのが一番なのだぁ!
(って、やたら『ぁ』が多いゾ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.17

オイラは欲張り

kachiku1

昔からオイラは欲張りでした。
アレもしたい、コレもしたいと、良く言えば好奇心旺盛、
悪くいえば気が多いのである。

思えば千葉県松戸市の若夏と知り合えたおかげで、
高校以来の音楽活動を再開させ、
相方のShokunとぽーぽーずを始めることになった。
あれからもう2年が過ぎ、ぽーぽーずの活動も3年目に入った。
飽きっぽいオイラとしては(笑)、驚異的に続いている。
こんなに続いたのは、バイク以来じゃなかろうか?
(そのバイクも最近乗らなくなってきているが…)
それほどぽーぽーずは楽しい。
それもコレも応援してくれる仲間たちがいるからなんだよね。

でもオイラは欲張りなのである。
たとえばぽーぽーずが活動できないときでも、
イベントなんかには参加したいなぁと思ったのだ。
でも、まだ一人でやる自信はないので、
ぽーぽーずとは、また別のバンドもあったらなぁと考えていた。

で、たまたまオイラとキーボードの計ちゃんで、
「ブルースやりたいね」という話がキッカケになって、
ギターのトシを巻き込み、ドラムの泰貴を巻き込み、
『家畜バンド(仮)』の母体ができた。
(やってるのはブルースばかりではないけど)

家畜バンドというのは、オイラが「豚(PORCOはイタリア語で豚のこと)」で、
計ちゃんが「ヤギ(ウチナーグチでひーじゃあ、顔が似てる…笑)」なので、
とりあえず家畜バンド。で、とりあえずの名前だったので(仮)がついたのだ。
まぁ、いまではすっかり定着して、そのままの名前になってるけど(笑)。

kachiku2

で、「楽しくやろう!」をモットーに
若夏に集まるメンバーで参加したいって人を交えてやってて、
けっこうな人数のバンドになってきた。
ライブは基本的に4ヶ月に一回くらいやりたいねぇとことで、
イレギュラーでチャリティイベントなどにも参加している。
個人的には、今のところぽーぽーずとは色分けできてると思うんだけど、
客観的に見るとどうなのかなぁ?

一応リーダー(最年長だしなぁ)なので、
人数多いし、性別も年齢もバラバラなので色々あると思うけど、
ウマイことまとめていきたいなぁと。
とにかくみんなで楽しくできればイイんだけどな(笑)。

そんなワケで、まだ生まれたばかりのヨチヨチですが、
もし演奏しているのを見かけたら、
あたたかい目で見守ってやってください。
「家畜バンド(仮)」も、ぽーぽーず同様、ヨロシクです。

あ、今週末は恒例の「ぽーぽーず若夏マンスリーライブ」です!
お暇だったら遊びに来てくださいね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)