2010.07.10

地図にない村

Dsc_7015

カメラマンのオオシロヨウヘイさんの父上、大城弘明氏の写真展「地図にない村」が、沖縄県立博物館・美術館の県民ギャラリーで開催されているので観に行ってきた。

大城弘明写真展
「地図にない村」
〜沖縄戦から65年〜

2010年7月6日(火)〜11日(日) 
9:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー
入場無料

1950年生まれである大城さんが子供の頃に見てきた「戦争の体験」。
ガマや防空壕、遺骨、一家全滅の家、不発弾、慰霊祭、そして大城さんのンマリジマであるいまはなき三和村、福地の人々を、ファインダー越しに撮り続けてきた記録…イヤ、記憶である。

最近、齢90歳を越えた沖縄を撮り続けてきたカメラマンの大先輩、山田實さんにお会いする機会を得た。そのときに山田さんが撮ってきた沖縄の風景を見させていただいた。
自分の知らない戦後の沖縄の土地、人、子供の写真を目の当たりにして、写真はホントにタイムマシンだなぁと感じた。
実際にその場に行くことはできないし、もう二度と見ることの出来ない景色だが、写真を通してしばし時を越えることができる。

Dsc_7020

大城さんの写真も同じだった。
ただ「戦後」を撮っていたはずが、いまもなお米軍は基地を沖縄に置き「占領」は続いている。
もしかして、いまは戦後、ではなくいまだ戦中なのではないだろうか?
そんな疑問を問いかけられているようだった。
ひとりでも多くの人に見て欲しいな。

さて、会場の写真を撮っても良い、ということだったので、お気に入りの写真を撮ってきた(もしかして、こういう使い方はNGかな?)。

やはり自分の作品テーマは「子供」なので、子供の写真にどうしても目が行ってしまう。

Dsc_7016

Dsc_7018

この2枚。
とっても良い表情しているんだよなぁ。
都会ではもう見られないような笑顔。
でも沖縄にはこの表情がまだまだ残っている。
そんな写真を撮っていけたらなぁ。

最近はなかなか子供を撮るのも難しい。
多くの人に協力してもらったりして撮っているが、この頃良い風が吹いてきている。
先日はじめての久高島に行って以来、良い出会いが続いている……というよりもいろいろな人を紹介してもらっている。
この出会いを逃さないようにしなくてはいけない。
基本、フユーナーなオイラだけど、ちゃんと与えられたチャンスを活かすように動かないと。

Prc_3482

Porco Photographもこの子と一緒で、まだ生まれたてだから。
焦らずに、でも確実に一歩一歩前に進んでいこうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.03

守りたいもの

Dsc_6744

沖縄に戻って、ようやく落ち着いたので写真展の様子でも。

ホントに思っている以上に立派な会場だったし、自分をこころよく迎え入れてくれた「風が吹くとき」の出演者・スタッフのみなさんも、本当によくしてくれた。

Dsc_6729

Dsc_6747 Dsc_6748

Dsc_6892  Dsc_6949_2

本当にたくさんの人に自分の作品を見てもらうことができた。
それぞれどんな風に感じてもらえたか聞くことはできなかったけど、関係者の人の反応は上々だったように思う。

Dsc_6855 Dsc_6926

Dsc_6930 Dsc_6919

Dsc_6933

テーマでもある“守りたいもの”である子供たちの笑顔、そして未来、それに加えて沖縄の美しい海、伝統行事…

そしてウチのベランダから見える普天間の現実、辺野古の海岸にある平和を祈るリボンも東京の人たちに見ていただいた。

少しでも沖縄のことを身近に感じてもらい、考えてもらえたらイイのだけれど。

Dsc_6893

Dsc_6895

隣の展示が絵本の原画展だったせいもあって、会場には子供たちの姿も多く見られた。

バタバタではあったけど、やっぱりやってヨカッタ。
自分の気持ち的にも何か少し変化が生まれたように思う。

これからどんな展開が待っているのかはわからないが、
このまま突き進んでいきたい。

Dsc_4598
この新東京タワーに負けないくらいに大きく羽ばたいてやる!
(まだ建設中だが…)

……その前に仕事見つけなきゃ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.27

写真展前日

今日、写真展準備のため、初めて会場に行って来た。

新宿のニコンサロンへ行き、D700とD90のイメージセンサークリーニング&チェック、F4の簡単な点検をお願いした後、東池袋の『あうるす ぽっと』へ。

これがけっこう立派な建物で、ホントにココでやれるのか? と半信半疑で会場へ。

会場となるロビーもかなり上等。
それを見て、いまになってようやく東京で写真展をやるという実感がわいてきた( ̄∇ ̄;)

写真は4分の3が子供の写真で、今回会場を貸してくれたお芝居の内容が非核をテーマとしているので、残りの4分の1を沖縄の海や行事の写真に加 え、ウチのベランダから見える普天間基地の現実、そして辺野古の平和のリボンの写真を展示した。

会場ロビーの半分は、パーテーションで区切ってあって別の展示。
たまたま絵本の原画展で、子供の写真とつながりがあって、
これまた偶然とはいえラッキー。

一通り配置して見てみると、えらい立派な写真展のように見える(笑)。

Sdsc_6278

真ん中あたりに見えるのは向こう側の展示。
オイラの写真は手前と奥の壁に展示。

はてさて、とりあえず関係者にはおおむね好評で、喜んでもらえた。
あとは来場の反応かな。
これが良い話につながっていったらうれしいなぁ。
何がきっかけになるかわからないからね。

思わぬカタチで実現した凱旋(?)写真展、さてどうなりますか。
自分なりに思いっきり楽しんできますね。

皆さんのご来場をお待ちしています。

Mamoritaimono3_1
PORCOの写真展 at 風が吹くとき
守りたいもの
■開催期間  2010年4月28日、29日
■開催場所  豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと
       「風が吹くとき」会場ロビー(ロビーは入場無料)  
■住所   東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F
      http://www.owlspot.jp/access/index.html   
■電話    03-5391-0751  
■開場時間  28日18:30~(終演まで入場可) 
       29日11:30~(2回目終演まで入場可)  

この調子ではchojiさんの写真展、観に行けなさそうだなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.22

東京周辺にお住まいの皆様へ

もう来週の話を今さらなんですが……

Mamoritaimono1_1

4月28日、29日に、東京は池袋で写真展があります。
自分のテーマである子供たちの写真を展示します。

PORCOの写真展 at 風が吹くとき
守りたいもの
■開催期間    2010年4月28日、29日       
■開催場所    豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと
        「風が吹くとき」会場ロビー(ロビーは入場無料)  
■住所   東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F
      http://www.owlspot.jp/access/index.html   
■電話     03-5391-0751  
■開場時間   28日18:30〜(終演まで入場可) 
        29日11:30〜(2回目終演まで入場可)  

写真展といってもちょっと変則的で、
演劇「風が吹くとき」の会場ロビーで展示するため、
閲覧できる時間が舞台に合わせた感じになります。
2日は11:30から2回目公演の終演時間まで通しで閲覧できます。
展示会場であるロビーだけであれば、チケットなしで入れます。
つまりオイラの写真を観るだけなら無料ですので、

お時間のある方は、ぜひぜひ足をお運びください。

行われる演劇『風が吹くとき』は、
核戦争の恐ろしさを描いたイギリスの絵本が原作。
知っている一もいるのでは?
主人公はイギリスの片田舎で静かに年金生活をする老夫婦。
ある日、おじいさんが町の図書館で世界情勢の悪化によって
明日にも核戦争が始まるかもしれない、という情報を発見。
おじいさんは慌てて政府発行のパンフレットに従って
核シェルターをつくり始めますが、おばあさんも息子もにピンと来ません。
そこに突然「3分後に核ミサイルが……」という臨時ニュースが……

という作品です。
演芸の他にトークショー&ミニライブもあり、テーマは「核なき世界」。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~yukino-n/kazegafukutoki.html

沖縄に来ていた関係者が、
たまたま「CaRaKui-Ya」でのオイラの写真展を観ていて、
この子供たちの写真を展示したら面白いのでは? と、
声をかけてくれたのが今回のキッカケなのです。

オイラの写真テーマは「守りたいもの」。

オイラは声高々に“戦争反対”とかは言いません。
だって、戦争なんてないほうが良いなんてことは当たり前だからです。

でも、もともとオイラが子供の写真を撮ろうと思ったのは、
この子供たちの無邪気な笑顔がいつまでも観られる世界であって欲しい、
という裏テーマを持っていたからです。
子供たちが笑っている世界って、やっぱりステキでしょ。
悲しい顔は見たくないし。

そういう意味で、今回の展示を引き受けました。
もちろん観ていただく人は、
子供たちの無邪気な姿に癒されていただければ良いです。

それでも、ちょっとだけでもイイから
写真に込めたオイラの思いに共感していただけたら嬉しいです。

しばらく会っていない人も会えるチャンスです(笑)。
たぶんずっと会場にいますので、ぜひぜひ会いに来てくださいな。

よろしくお願いします。

Mamoritaimono3_1

Mamoritaimono2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.11

それから……

4401979690_37530c01ec_o

詳細はまだよくわからないんですが、
東京で小さな写真展を開催する運びとなりました。

場所は池袋東口、サンシャインにほど近い(と思う)
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと」。

ここで4月28日(水)、29日(木・祭)の2日間公演する
『風が吹くとき』
(問オーガニックシアター 042-425-4007、080-5099-2459)
という芝居のイベントとして、
同センター内のフリースペースで開催する予定です。

たまたま関係者と知り合い、
沖縄で開催していたオイラの写真を気に入ってくれて、
セッティングしてくれました。

お芝居は核戦争を背景に「核なき世界」を訴えるもののようなので、
(オイラも観たことないので、欲はわからんのです)
オイラは「守りたいもの」をテーマに子供たちの写真を展示します。

ニコッとされるだけで癒される、子供たちの笑顔を見て、
子供たちがいつまでもこの笑顔でいられる世界を残していきたい、
そう思ってもらえればと思います。

間近に迫ってきていますが、
まだ詳細は不明な状態(写真展は無料で見られるのかなど)です( ̄∇ ̄;)

開催中の2日間はオイラも会場にいる予定ですので、
東京近郊にお住まいでお暇な方は、ぜひ覗きに来てくださいな。

内容は決まったことからちょいちょいお知らせしますので、
よろしくお願いします。

あ、別件で5月にはコンベンションでも写真展示する予定です。


P.S.
同時期に「ボクネンズアート東京」でオイラの好きな写真家さん、
仲程長治さんが写真展を開催します。

沖縄のが好きな人なら絶対に見入ってしまう長治さんの世界を
ぜひぜひ心で感じ取ってみてください。
都会で疲れた心が癒されます。

仲程長治 アイランドフォトセラピー展〜誰も知らないとっておきの沖縄〜
会期:4月24日(土)〜5月9日(日) 
※会期中無休 OPEN / 11:30-19:30
会場:ボクネンズアート東京
   〒104-0031
   東京都中央区京橋1-5-5 KRFビルB1
   phone:03-3517-2125 fax:03-3517-2126
協力:momoto TINGARA
[作家来場]4月24日(土)25(日)午後より


あ、momoto第2号も4月16日に県内の書店等で発売です。
(メインカメラマンは仲程長治さんです!)
オイラは今回関われませんでしたが、ぜひぜひ買ってみてください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.20

昨日のお客様は……

PORCOの写真展「うちなぁのわらばぁたぁ」。
昨日は写真展を始めてから、初の昼間開催(どんな写真展だ…笑)だった。

子供がテーマだったので、
日中しか来られない人もいるかなぁと思ったんだが……

お客様二組(笑)。
じ、需要ねぇヾ(≧▽≦)ノ♪

そんなに人気あるわけないか。
宣伝もあまりしてないし……
くっそぉ、いつかは満員にしてやる!

と思いつつも、2組もお越しいただいたので、上等かと。

ひと組目はフライヤーのモデルにもなっている
こうたとお母さんのうにまるさん。

Dsc_0883
元気いっぱいのウーマクゥぶりを発揮。
やっさん、申し訳ない( ̄∇ ̄;)

そして二組目はCaRaKui-Yaのやっさんの紹介で、
1月10日が予定日という妊婦さんとダンナさん。
お互いの利害が一致したので、撮影させていただくことになった。
こういう出会いが続いていくと良いなぁ。

……って、2組とも身内じゃん( ̄∇ ̄;)

いつの日か、子供を産む前と産んだ後の写真を組みにして、
ハッピーな、ほんわかした写真集とか出したいなぁ。
ちゃんと企画して、出版社に持ち込まんといかんか。
ま、まずは枚数を増やさないといかんね。

ということで、妊娠中のご夫婦、記念に撮影してみませんか?
公開が条件ですが、いまなら無料ですよ(笑)。

Dsc_0919
世間はクリスマスですなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.11

うちなぁのわらばぁたぁ(追加アリ)

Carakuiya1208poster

CaRaKui-Yaでの写真展、またまた開催しています!
今回のテーマは“沖縄の子供たち”。
タイトルはまんまそのまま!

PORCOの写真展 at CaRaKui-Ya
『うちなぁのわらばぁたぁ』
2009.12.8 〜 2010.1.16

なお、CaraKui-Yaさんは通常18:00からのオープンですが、
今回は子供がテーマということで、
夜は家を空けられない、という方のために、
12月19日(土)のみ特別に14:00からオープンにしてもらいました。

写真展を観るだけでもOKですし、
ドリンクぐらいはオーダーできるようにしてくれるとのことですので、
のんびりしていってくださってもけっこうです(座敷もあります!)。
当日はPORCOも会場に行く予定です。

ぜひぜひ覗きに来てください。
芳名帳も置いてありますので、感想など書いていただけたら嬉しいです。

■開催場所     Nature Cafe and Bar CaRaKui-Ya(からくいや)  
■開催期間     2009.08.06〜2009.09.15       
■住所            那覇市牧志2-17-44 石川ビル2F   
■TEL&FAX   098-863-7892  
■ホームページ http://carakuiya.com/
■営業時間    平日18:00〜24:00  金・土・祝前日18:00〜26:00  
■定休日     日曜日


◎写真展の様子
_c085205 _c085206
_c085208 _c085211
_c085213

_c085214

 

P.S.
引き続き被写体は募集中です。
子供はもちろん、家族、夫婦、カップル、個人問わず。

よろしくお願いします!

| | コメント (4) | トラックバック (0)