« 4年振りの大渡海岸 | トップページ | 十六夜の満月に照らされる久高島 »

2010.09.23

十五夜の夜は字新垣で“棒巻き”

Prc_2069
昨日は旧暦の8月15日。いわゆる十五夜だった。
なので満月だとばかり思い込んでいたのだが、本日が満月と判明。
だからどうだというワケではないが、オイラを含め多くの人がダマされていたようだ(笑)。

さて、十五夜には糸満大綱引きをはじめ各地で行事ごとが行われる。
今年はどこへ行こうか悩み、当初まだ見たことのない糸満大綱引きに行こうかとも思ったが、生来のあまのじゃくのため、どうせなら人が少なそうなところに行こうと思い、見つけたのが「新垣棒巻き」だった。

空を見ればキレイな満月(もどき)が浮かんでいる。

Prc_2367
目的地は糸満市字新垣。
真壁ちなーで有名な真嘉比の少し手前と言えばいいだろうか。
知っている人はわかると思うが、夜のこのあたりは灯りが少ない。
本当にやっているのだろうか、と疑問を抱きつつ愛車サンバ君を走らせる。

集落の中に入ると「村落行事のため全面通行止め」の看板が。
心配するまでもなく、すぐに見つけることができた。

新垣の棒巻きが伝わったのは西暦1300年頃。琉球王府から地方の治安維持のため派遣した駐在武士が、自分の部下とする十人頭に棒での護身術を教えたのが始まりとされている。

明治に入ると駐在武士はいなくなったが、その後も村で棒術が披露されるようになったという。その後明治10年に小禄具志の棒巻きを見た若者が、翌明治11年から現在のカタチの棒巻きをはじめた。

戦後一時途絶えていたものの、昭和61年に棒巻きの正しい継承・保存を目的に「字新垣棒巻き保存会」が結成。今年で133周年を迎え「第38回字新垣十五夜棒巻き」が行われたのである。

Prc_2479

まずは冒頭の写真のように棒を持ち、古式ゆかしい衣装を身にまとった小学校5年生から55歳までの村民が、法螺貝や銅鑼、拍子木の音に合わせて隊列を組み、東西四箇所で長方形に折り返す集団演舞「四方巻き」から始まる。

“エイ!”“エイ!”のかけ声を合図にスピードを上げ、隊列は変化を見せ、一気にテンションは上昇。その勢いのまま個人棒術の演舞へと続いていく。

Prc_2354
この棒術が実にカッコイイ。
もちろんシナリオのある動きなのだろうが、すごく練習をしたんだな、という感じが伝わってくる。
そして気を抜けば大怪我につながる演舞だからみんな真剣に演じているので、気迫や迫力がスゴイ。

Prc_2258_2

特筆すべきはその跳躍力。みんな驚くくらいに飛ぶのである。
これがまたカッコ良くて、「エイサーにーびち」ならぬ「棒巻きにーびち」があるはず。

Prc_2197

小学5年生からではあるが子供たちも参加する。
演舞に手抜きはない。もちろん大人に比べれば稚拙なところはあるが、立派に、そして真剣に最後まで演舞する。

Prc_2271

明日を担う後継者たちもしっかり育っている。
大人たちの演舞を食い入るように見つめている。みんな、カッコイイと憧れているのである。

こういう村の行事に行って感心するのは、子供たちが大人をちゃんと尊敬して敬っていることだ。
決して大人を小馬鹿にするような態度はとらない。演舞する大人たちを見る目はきらきらと輝き、憧れの思いを抱いているのがわかる。もしかしたら、こういう季節だけかもしれないが、このような土壌がしっかりと文化を後世にまで残していくのではないだろうか?

Prc_2452

法螺貝や銅鑼を鳴らす長老(といっては失礼か、なんと呼ぶのだろう?)たちも満足そう。

今年は前日に見つけて急遽行ったため、いまひとつ要領を得なかったがまた来年行けるようならまた行きたいなぁ。もう少しマシな写真が撮れるはず(笑)。

こういう小さな村の行事を見るのも楽しいから、機会があればぜひ足を運んでみるといいと思う。
大きな行事では見えない、土着のしっかり根付いた文化が見えてくるハズだ。

Prc_2341


他の写真はコチラでどうぞ。
http://www.flickr.com/photos/porco381/sets/72157625015856228/

 

|

« 4年振りの大渡海岸 | トップページ | 十六夜の満月に照らされる久高島 »

コメント

迫力ある良い写真ですね!
かっこいいなぁ~。沖縄の、こういう伝統文化を大切にするところが大好きです。

投稿: tami | 2010.09.23 16:26

>tamiさん
ありがとう!

オイラもこういう文化を受け継いでいく姿勢が大好きです。
できる限りですが、撮り続けていきたいですね。

投稿: PORCO | 2010.09.25 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19620/49537904

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜の夜は字新垣で“棒巻き”:

« 4年振りの大渡海岸 | トップページ | 十六夜の満月に照らされる久高島 »