« ホコッとする二人 | トップページ | 歓會門 »

2010.07.29

武蔵家の味

いまから5年前、オキナワに引っ越してきてまず探したのは旨いラーメン屋だった。

子供の頃からラーメンが大好きなオイラ。
千葉や東京はラーメン激戦区でもあり、旨い店がたっくさんあるので困ることはなかった。
しかし、憧れと縁があって引っ越してきた沖縄だったが、当時はまだいまのようなラーメンブームは起こってなかった。当然店は限られていたわけだ。

そんななかでも旨かったのは通堂と武蔵家。

武蔵家はネットで調べているときに、横浜家系の店として紹介されていた。
吉祥寺の武蔵家をルーツとしているとのことで、何度かそこにも足を運んだことがあり、好印象だったので食べてみることに。

イヤァ、ホントに旨かった。
通堂とこの店があれば、とりあえずは大丈夫だなぁって思ったのものだ。

そんな武蔵家も店を閉め、違う味のラーメンを奥武島で売るようになった。
もうあの味は食えないのかなぁと思っていたのだが、系列店の波蔵で食べることができると知った。

いつもクルマを停められなくて諦めていたのだが、今回はちょうど隙間の時間だったのかガラガラ。
“チャンス!”とばかりに店に入った。

まず目に付くのは食券の販売機。
Dsc_9073
武蔵家で使われていたモノらしい。
この店の売りである“波蔵ラーメン”や“塩トンコツ”よりも先、一番良い場所に『豚骨醤油ラーメン』の文字が。
すぐ隣に“大盛”の文字があり、まんまと店の策略(笑)にはまり大盛りを注文。

Namizou
『豚骨ラーメン大盛』750円。

器こそ波蔵のものだが、確かに武蔵家のラーメンだ! 麺が微妙に短いところまでそのまんまだなぁ(笑)。
でも器のサイズが小さいため、大盛りにすること写真のようにいっぱいいっぱいに……( ̄∇ ̄;)
せめて武蔵家のときの器を使って欲しいなぁ。

味には文句なし。だって美味しいもの。
テーブルに備え付けの生にんにくを投入すると、これがまたサイッコーに旨いんだなぁ。
チャーシューも食い応えあるし、満足満足。

また機会があったら食いに来よっと。
でも次は最近オープンした、浦添にあった恵海の流れを汲む松尾の『琉海』に行ってみたいなぁ。

|

« ホコッとする二人 | トップページ | 歓會門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19620/49001633

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵家の味:

« ホコッとする二人 | トップページ | 歓會門 »