« 夏を迎えるための準備 | トップページ | 神の棲む森 »

2010.05.11

時代に逆行?

新しい仕事の準備、そして仕事探しもままならないというのに、(ホントに時間の使い方が下手だなぁと思う)個人的な楽しみに関して(要はカネにならないこと)は、すぐに見つかるというか、どんどん興味が湧くというか……( ̄∇ ̄;)

さて本題。

長い間生業としている文章に加え、最近では写真家業もやってるわけだが(コッチがメインになるようがんばらねば!)、こと写真に関しては、オイラはデジタル世代といって良い。

フィルムカメラしかない頃は、もちろんフィルムで撮っていたがあまり考えて撮っていなかった。ピンを合わせるくらいで、あとはカメラまかせ。

それがラリーの世界を取材するようになって、カメラマンにいわゆる流し撮りのためのノウハウを聞き、シャッター速度について知ったくらい(笑)。でもこの頃からカメラが楽しくなってきた。

そうして時代はちょうどデジタルへと突入していく。最初のデジカメはカシオの名機、QV-10。

M0013988
(by Ricoh Caplio GX100)

いま考えれば、とんでもなく低いスペックだが、当時は充分におもしろかった。

そこからはじまったデジカメ生活は、いまや仕事して撮影するまでになったわけだが、ここへ来てフィルムのカメラに興味が湧いてきた。

まずはニコンF4。デジカメでは枚数を撮りすぎてしまうので、撮れる枚数が限定されているフィルムを使うことで、もっと一枚一枚を大事にする撮り方を思い出そうと思ったのだ。もっともフィルムとデジタルはまったく別の種類のカメラと考えた方がイイかもしれないけど。

予想以上にF4で撮るのは楽しかった。
仕上がりもデジタルとはまた違う雰囲気(腕はともかく…)でイイ感じ。

そうなると、今度は露出もシャッター速度もすべて自分で操らなくてはいけないフルマニュアルのカメラに興味が湧いてくる。

で、つい……

Dsc_7788
(by Nikon D700 / 上の写真と撮り方の気合いがエライ違うな……( ̄∇ ̄;))

ニコンFM10。
オークションで6000円で落札。

あぁ、6回は外でメシが食えるのに… おサイフが厳しい時期なのに……

でも楽しい(⌒‿⌒)
デジタルではなかなか理解しづらかったカメラに関する座学が、フルマニュアルを操作することによって基本がわかってきた気がする(気がするだけだが)。まさに趣味と実益。

さて、どんな写真が撮れるかな。

|

« 夏を迎えるための準備 | トップページ | 神の棲む森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19620/48330706

この記事へのトラックバック一覧です: 時代に逆行?:

« 夏を迎えるための準備 | トップページ | 神の棲む森 »