« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.31

Porco Photograph

4647338923_d07f124647_o
Nikon D700

なんか最近撮り方がワンパターンだなぁ。

子供・メシ・花のアップ・風景…

どれも同じような撮り方しかしてないような気がする。

自分の意欲に対して、イマジネーションがついてこない。

ココを超えれば、もう一皮むけるかな。

そういえば、最近子供を撮ってない。

プロジェクト、もう始めないといかん。

名前だけは決まった。

何のひねりもないけど「Porco Photograph(ポルコ フォトグラフ)」。

Porcophotograph_l

さぁ、もう一歩踏み出さなくては。

撮影依頼、ご遠慮なく。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.05.29

オジーと海

Dsc_8892
樹のトンネルを抜けて海へ。

まだ夏には早いこの時期、人影もまばらな砂浜に……

Dsc_8912
かつて海人だったのだろうか?

一人オジーがジッと海を見つめていた。

Nikon D700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.28

神が棲む森2

Dsc_8845

Dsc_8849

Dsc_8874

Dsc_8850

Dsc_8869

神が棲む森も、少しザワザワしていたように思う。

民意は、県民の意志はどこへ?

沖縄はいつまで翻弄され続けるのだろう。

Nikon D700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.27

梅雨時には……

Dsc_8663
Nikon D700

この子たちが大量発生する。

好きかキライかと問われれば……

やっぱ好きではないなぁ。

どっちかといえば苦手かも。

“ウルトラQ”で観たナメゴンやゴーガのせいかもしれない。

トラウマか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.25

水滴

Dsc_8674
Nikon D700

水滴って、なんか美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然の造形は美しい

Dsc_8651
Nikon D700

月桃は蕾のときが美しい。

咲いた花もキレイだけど、どこか妖しさを兼ね備えている。

まるで女性のようだ。

処女と娼婦。

Getto_flower
Nikon F4 (Velvia100 / MINOLTA Dimage Scan Dual IIにてスキャン)

どちらがイイかはお好みで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.24

幸せがたっぷり詰まってます

2

予定日一週間前。

パンパンに膨らんだこのお腹には幸せがたっぷりと詰まっている。

パパとママのために元気いっぱいで生まれてくるんだよ。
少しでイイから、オイラにも幸せを分けておくれ。

1

この幸せが詰まった大きなお腹は友人のゆきちゃん。

ダンナさんも優しくて、二人していっつも笑っている。

笑顔が絶えない本当にステキな夫婦だなぁと思った。

時間がなくて簡単にしか撮れなかったけど、
その分子供が産まれたらたくさん撮らせてね。

もし、産まれたあとに病室に訪問できるようなら撮りに行くから連絡して。
可能なら生まれた日に撮りたいな。

さて、ゆきちゃん宅は南風原にある。
で、お家の横はというと……

Dsc_8541

先日の大雨で土砂崩れを起こした場所だった。

ゆきちゃん宅には影響なさそうだけど……

ごうさんが日記で言っていたけど、辺野古移設問題でわかるように、
自然をないがしろにする人間のやり方に起こっているんだハズ。

自然の力ってスゴイけど、ときとして恐ろしい。

Dsc_8649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.21

松山・道後・伊予・内子/プレ画像

5月18日〜20日まで道後温泉へ湯治(笑)に行ってきた。

友人のツヨコさんにすっかりお世話になり、道後温泉に引きこもりの予定だったのが、思いがけずいろいろなところへ連れて行ってもらえることに。

けっこう多く撮っているのと、ポジが上がってくるのに1週間くらいかかるので、とりあえずのプレ画像をアップ。

■下灘駅
Dsc_7891

Dsc_7802 Dsc_7809

■松山城
Dsc_7925

■道後温泉
Dsc_8094

Dsc_8059 Dsc_8130

■松山の海岸線より
Dsc_8162

■内子
Dsc_8184

Dsc_8232 Dsc_8320
Dsc_8248 Dsc_8259
Dsc_8305 Dsc_8329

Nikon D700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.17

空へ2

Dragon1
(Nikon F4 / Velvia100 / MINOLTA Dimage Scan Dual IIにてスキャン)

前回以上に龍が天に昇っていくようなのがこの写真。
しかも2頭。
(右側はどちらかというと、US版Godzillaのようでもあるが……)

少し色味も変えてみた。

こういうシーンに出会うことも、その瞬間を撮ることも、つまり運も自然が相手の時があるプロには必要なこと。

ん? 最近ロケというと雨ばかりのオイラは……( ̄∇ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空へ

Unicorn
(Nikon F4 / Velvia100 / MINOLTA Dimage Scan Dual IIにてスキャン)

梅雨空のある日、ふと空を見るとユニコーンのような、龍のような雲が空へと昇っていた。

本当に厳しい状況だけど、めいっぱい踏ん張ってオイラも上昇していくのだ!

まだまだ本気になってないハズ。




にしても、このスキャナーも限界だなぁ。
ゴミも多いし、画質も色もいまひとつ。
なんせ、10年前の機械だもんなぁ。
新しいフィルムスキャナが欲しいなぁ……

何しろ、フィルムが楽しくて仕方ない今日この頃。

仕事→デジタル 趣味→フィルム

になりつつある今日この頃。
でもきっと飽きやすい性格なので、しばらくしたらデジタルばっかになってるかも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.15

波の上ビーチの珊瑚

今日から波の上では「なんみん祭」が行われている。

そのイベントの一環で、波の上ビーチの普段は遊泳禁止区域の場所でシュノーケルが行われた。

本来は小中学生対象なのだが、今回あるミッションもあって特別に自分も入らせてもらった。

雨の降る中のシュノーケルは少々気が引けたが、やらないわけにもいかないので、午前中にウエットスーツを急遽購入して(痛ぇ〜なぁ……(T_T))臨んだ。

ご存じの方もいると思うが、波の上ビーチはものすごく狭い。しかも目の前には泊大橋が渡っているし、その向こうは現在空港へ抜ける道路の工事中。

こんな場所だから、あまり注目されないビーチなのだが、逆に言えばそれだけ荒らされていない。泊大橋の工事以後、手つかずの場所なのか、魚も思ったより多かったし、ビックリするくらいに珊瑚が育っていた。波の上のイメージがずいぶんと変わった。

昔からこのあたりに住んでいる人にいろいろ話は聞いていて、波の上あたりも昔は豊かな海だったという。もちろんその頃には遠く及ばないが、こうして少しずつでも再生してきているのは嬉しいこと。自然って、壊れやすいけど、意外に逞しい。

今回は写真を撮りに行ったのだが、ちょっと動画も撮ってみたので、まずはアップしたので興味がある人は観てくださいな。

ただし、雨で光量不足の上に、透明度も悪くて見づらいだけでなく、素人動画なので観ていると酔うかもしれないけど(笑)。

波の上ビーチその1

波の上ビーチその2(1とかぶってますけど)

オマケ、波の上のクマノミ

自分もちょっと「波の上ビーチなんて…」というところがあったので、正直驚いた。

道路が開通して、このあたりの沿岸を整備したらシュノーケルやダイビングができるようにするという話なので、いろいろな意味で今後に注目したい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.05.12

神の棲む森

Kaminomori1

南部の某御願所がある森。

昔、ニライカナイより来た神が、一時的に住んでいたといわれる場所だ。

Kaminomori2

こういう場所はなぜか独特な雰囲気に包まれている。

特に何が違うというわけではないんだけど、どことなく違う。

ま、多分に先入観や思い込みもあるのだろうが……

Kaminomori3

でも、こういう場所にいるのはキライじゃない。

夜でなければ……( ̄∇ ̄;)

(Nikon F4 / Velvia100 / MINOLTA DiMAGE Scan Dual II にてスキャン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.11

時代に逆行?

新しい仕事の準備、そして仕事探しもままならないというのに、(ホントに時間の使い方が下手だなぁと思う)個人的な楽しみに関して(要はカネにならないこと)は、すぐに見つかるというか、どんどん興味が湧くというか……( ̄∇ ̄;)

さて本題。

長い間生業としている文章に加え、最近では写真家業もやってるわけだが(コッチがメインになるようがんばらねば!)、こと写真に関しては、オイラはデジタル世代といって良い。

フィルムカメラしかない頃は、もちろんフィルムで撮っていたがあまり考えて撮っていなかった。ピンを合わせるくらいで、あとはカメラまかせ。

それがラリーの世界を取材するようになって、カメラマンにいわゆる流し撮りのためのノウハウを聞き、シャッター速度について知ったくらい(笑)。でもこの頃からカメラが楽しくなってきた。

そうして時代はちょうどデジタルへと突入していく。最初のデジカメはカシオの名機、QV-10。

M0013988
(by Ricoh Caplio GX100)

いま考えれば、とんでもなく低いスペックだが、当時は充分におもしろかった。

そこからはじまったデジカメ生活は、いまや仕事して撮影するまでになったわけだが、ここへ来てフィルムのカメラに興味が湧いてきた。

まずはニコンF4。デジカメでは枚数を撮りすぎてしまうので、撮れる枚数が限定されているフィルムを使うことで、もっと一枚一枚を大事にする撮り方を思い出そうと思ったのだ。もっともフィルムとデジタルはまったく別の種類のカメラと考えた方がイイかもしれないけど。

予想以上にF4で撮るのは楽しかった。
仕上がりもデジタルとはまた違う雰囲気(腕はともかく…)でイイ感じ。

そうなると、今度は露出もシャッター速度もすべて自分で操らなくてはいけないフルマニュアルのカメラに興味が湧いてくる。

で、つい……

Dsc_7788
(by Nikon D700 / 上の写真と撮り方の気合いがエライ違うな……( ̄∇ ̄;))

ニコンFM10。
オークションで6000円で落札。

あぁ、6回は外でメシが食えるのに… おサイフが厳しい時期なのに……

でも楽しい(⌒‿⌒)
デジタルではなかなか理解しづらかったカメラに関する座学が、フルマニュアルを操作することによって基本がわかってきた気がする(気がするだけだが)。まさに趣味と実益。

さて、どんな写真が撮れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.09

夏を迎えるための準備

Dsc_4678_2

沖縄は他府県に先駆けて早くも梅雨入り。
これもアッツ〜イ夏を迎えるための準備期間。
ここでしっかり雨が降ってくれないと、夏には水不足になっちゃう。

それにしてもこの時期の沖縄、
ジメジメしているのに気温が高くて不快指数は上昇の一途。

でもウチにはエアコンがない!

今年も悩む時期が来た(一年中悩んでいるという噂もあるけど……)。

梅雨と台風のとき。
これ以外は風通しが良いから何とか過ごせるんだけど、
この二つは窓を開けられないので悩む。
カメラ機材は簡易ながら防湿庫に入れているとはいえ、
そのこともちゃんと考えないといけないし。
問題は先立つもの……か。

みなさん、仕事、もしくは仕事につながる情報ください!
企画力……不足が弱点なんだよなぁ(致命的?)。
アタマ使わないといかんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.08

子供写真

ゴールデンウィークの間に、二組の子供さんたちを撮らせてもらいました。

☆ゅぅ☆さんのお子さん。とぉーってもカワイイ。
カメラが大好きみたいです。

Dsc_7248

まーたんさんのお子さんたちは、元気いっぱい!
真ん中のニィニィは、とぉーってもウーマクゥ(笑)。

Dsc_4627

さぁ、サンプル写真もかなり揃ったし、
いよいよ出張写真家さんもスタート間近。
かなり予定より遅れているけど。

引き続きサンプル写真として、
家族の写真やオジー・オバーの写真、ペットの写真を
撮らせてくれる方も募集してます。
写真館とは違う、普段のままの普通の記念写真を撮ってみませんか?
ここにコメントでもイイですし、メッセージでも良いので、
希望者は連絡ください!

みなさん、出張写真家さんが始まったら宣伝よろしくお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.07

海の中の星座

Dsc_4803

きらきら光る海が、まるで星を湛えた夜空のようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那覇ハーリー2010

Dsc_4860

梅雨入り直前の5月5日。
真夏のような日差しが痛いほど晴れ上がった那覇新港にて、今年も那覇ハーリーが開催された。

Dsc_5047 Dsc_5167

Dsc_5148

伝統的な本バーリーもイイのだが、やはり興奮するのは一般のハーリー。
それも強豪揃いのBグループの迫力は観ている方も興奮する。

Dsc_5017

同じハーリーでも個性豊か。
とても統率されたチームもあれば、
とにかく力で攻めてくるアメリカァのチームなどはバッラバラ(笑)。
ま、当然統率されている方が速いんだけど。

Dsc_4862 Dsc_4914_2

今年は自衛隊の統合チームが優勝。底力を見せつけた。

Dsc_7601

さぁ、糸満ハーレーをはじめとする、本来のハーリーの季節は6月15日(火)。
今年はどこを観に行くかなぁ。

Dsc_5151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.04

月桃

Dsc_5527

敬愛するchojiさんのBLOGで、月桃について書かれていた。
で、改めてウチの前の月桃を眺めてみた。

月桃って、花が咲き出すとあまり美しくないかも…

もしかして花が咲く直前、
乳房のように膨らんだつぼみの時が一番キレイかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.03

4月18日 沖縄セルラースタジアム那覇

そういえば書き忘れていたが、去った4月18日に沖縄セルラースタジアム那覇のこけら落とし「巨人vs阪神」(2軍だけど)を観に行った。

Dsc_5135

出来たてだから当たり前だけど、とてもキレイ。
観客の入りは収容キャパの半分くらいかなぁ? もう少しはいたか。

Dsc_5154

Dsc_5175

野球観戦といえばビールが付きもの(オイラは呑まないけど)。
沖縄といえば、オリオンビール。

Dsc_5425

初めてサーバー背負ったオリオンビールの売り子を見た。これを見て、ようやく沖縄にも公式戦に使える大きな球場ができたんだなぁと実感。

Dsc_5197

球場自体は巨人がキャンプで使うだけあって、巨人びいき。
ハーフタイムショーでは沖縄らしく(?)エイサーも。
でも巨人側だけ。応援自体では、鳴り物を持ってきた阪神の方が大きかったが、こんなところで差をつけようとするのが巨人らしいかも(笑)。

Dsc_5382

一番人気だったのは、沖縄出身の阪神・大城選手。

Dsc_5506

実際に巨人の一軍が来たらメッチャ混みそうだなぁ。
キャンプのとき、どうなるんだろうか? ちゃんと整理できるのかなぁ?

Dsc_5509

それにしても……

Dsc_5138

この着ぐるみはどうにかならんのか(笑)。
ちっとも造形が可愛くないんだけど……( ̄∇ ̄;)


そういえば、うちの彼女が“また”やってくれました。

関西出身で、熱烈な阪神ファンの彼女。
絶対、観に行こう! と張り切っていた。

今回のチケットは彼女が取ってくれたのだが、『ホームのチームは3塁側だ』と言い張っていた。

最近野球なんぞ観に行ってないオイラは、『ホームって一塁側じゃない?』と言いながらも、彼女に押し切られるカタチで任せることにした。

で、当日。
張り切っている彼女は、タオル、メガホン、7回に飛ばすための風船など、嬉しそうに応援グッズを持って、いざ球場へ。

ところが、席の番号をたどって行くと、どう考えてもまわりはオレンジ色(笑)。
そう、やはりホームチームは一塁側、アウェイは三塁側だったのである。

朝の笑顔がだんだん消え、みるみる落ち込んでいく彼女。
仕方ないね、と言いながら一塁側で阪神の応援をしようとする。

幸い、満席ではないし、指定席はごくわずかでほとんどが自由席だったので、指定席を捨てて阪神側の内野自由席へ移動。

現金な彼女は、すっかり機嫌を直し、心ゆくまで阪神を応援。
ま、オイラもこっち側の方が応援があって楽しかったけど。

ほんとに彼女といると飽きることがない(笑)。

さて、ひとつ球場で気になったのは、「お弁当持ち込み禁止」。
ピクニック気分で持って行っていた我々は、無視して(笑)持参した弁当を食べていたけど、場内の売り上げを上げるためなのはわかるけど、禁止はどうかなぁと。特に沖縄でそれは失敗の元になるのではないかと、いまから不安なのである。

せっかくの良い球場なのだから、しっかりと運営してもらって、沖縄の人たちにたくさんの公式戦を見せてもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供写真

東京に出かける直前、ゆみゆなさんのお子さんたちを撮らせていただいた。

Dsc_5994

Dsc_4568

なかなか笑顔にすることができなかったけど、二人とも良い被写体でした。
次に機会があれば、笑わせることが課題かな(笑)。

なかなか出張撮影の仕事を始められず、サンプル用の撮影ばかりだが、ここまで来たらあわてずにやろうと思う。

もう少しで、ひと通り募集した撮影が終わるけど、仕事とは別に作品づくりにまたみなさんに撮影させてもらいたいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守りたいもの

Dsc_6744

沖縄に戻って、ようやく落ち着いたので写真展の様子でも。

ホントに思っている以上に立派な会場だったし、自分をこころよく迎え入れてくれた「風が吹くとき」の出演者・スタッフのみなさんも、本当によくしてくれた。

Dsc_6729

Dsc_6747 Dsc_6748

Dsc_6892  Dsc_6949_2

本当にたくさんの人に自分の作品を見てもらうことができた。
それぞれどんな風に感じてもらえたか聞くことはできなかったけど、関係者の人の反応は上々だったように思う。

Dsc_6855 Dsc_6926

Dsc_6930 Dsc_6919

Dsc_6933

テーマでもある“守りたいもの”である子供たちの笑顔、そして未来、それに加えて沖縄の美しい海、伝統行事…

そしてウチのベランダから見える普天間の現実、辺野古の海岸にある平和を祈るリボンも東京の人たちに見ていただいた。

少しでも沖縄のことを身近に感じてもらい、考えてもらえたらイイのだけれど。

Dsc_6893

Dsc_6895

隣の展示が絵本の原画展だったせいもあって、会場には子供たちの姿も多く見られた。

バタバタではあったけど、やっぱりやってヨカッタ。
自分の気持ち的にも何か少し変化が生まれたように思う。

これからどんな展開が待っているのかはわからないが、
このまま突き進んでいきたい。

Dsc_4598
この新東京タワーに負けないくらいに大きく羽ばたいてやる!
(まだ建設中だが…)

……その前に仕事見つけなきゃ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »