« 生命の息吹あふれる干潟へ | トップページ | 至福の時間 »

2009.04.15

誰にでも朝は来る

P4112066

夜明けは誰にでも平等に来るはず。

いまは苦しい日が続くけれど、

きっと明るい未来が開けてくると信じて、

いまを精一杯生きていこう。


ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

ウチは眺めは良いのだが、
残念ながら立地条件のせいで夕陽が海に沈むところは見られない。

しかし、ウチには東の方向にも窓があり、
その窓がある部屋に寝ているもんだから、
思いっきり朝陽が顔を直撃してくれる。

沖縄は今の時期だと6時20分頃。
どんなに遅く寝ても朝陽で目が覚める……

イヤイヤ、歳だからじゃないよ

そのあと、すんごく眠たいのになかなか寝付けない。
そのせいで一日中シャキンとしないときもある。
(早く寝りゃイイ、という意見もあるが…)

で、悔しいから先日朝陽を撮ってやったヾ(≧▽≦)ノ♪

なかなか仕事の依頼が来なくて、
きびしい毎日が続いているが、
いつかはこんな朝日が昇るはずと信じて、
今日も生きていこうと思うのであった。

誰かぁ、仕事をください!(セカチュウ風に)
紹介でもイイですから………( ̄∇ ̄;)

さ、いまやるべきことをやっちゃおっと。

|

« 生命の息吹あふれる干潟へ | トップページ | 至福の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19620/44675946

この記事へのトラックバック一覧です: 誰にでも朝は来る:

« 生命の息吹あふれる干潟へ | トップページ | 至福の時間 »