« 久しぶりに… | トップページ | 創作意欲はあれど… »

2005.08.08

反省…

8月6日、7日は、先週に続き、
ライブにどっぷり浸かったウィークエンドとなった。
この2日間は、ぽーぽーずとしてのライブなんだけど、
両方ともぽーぽーずを知らないお客さんがほとんど。
大いに意味ある2日間だ。
果たして…

8月6日(土)
この日は流山市文化会館で開催された
「子育てサロンコンサート」に参加。
会場に集まるのは、子供が中心。
それにお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん。
与えられた時間は15分。3曲くらい。

沖縄をテーマにしたイベントなので、
選んだ曲目は、
1.唄おう(ぽーぽーずオリジナル)
2.手をつなごう(ぽーぽーずオリジナル)
3.島人ぬ宝(BEGINカバー)

「1」は三線を使った曲だから。
「2」は子供がテーマの唄だから。
「3」は沖縄好きなら知っている(であろう)曲だから。

一緒に唄ってもらえたし、
手拍子ももらえたし、
MCの返事ももらえたので、まずまずの出来。

そして8月7日(日)。
伊勢丹松戸店の沖縄物産展に参加。
今回はとっとろーず、東風、チャンプラーズ、
若風エイサー隊、炎舞太鼓、舞踊と共演。

セットリストは、
1.オジー自慢のオリオンビール
2.唄人
3.Okinawaへ行こう
4.竹富島で会いましょう
5.島人ぬ宝
6.なんくるないさぁ

Enc.オバー自慢の爆弾鍋

今日はヘコんだぁ。
決して良いステージではなかった…
MCにもたついたり、
突然のアンコールに対応できずに、
楽器の交換やチューニングに手間取って。
すべてオイラのミスでした。
炎舞太鼓や若風エイサー隊、
そして音楽仲間に助けられて、
何とかライブのカタチをとれた気がする。
ドラムの泰貴、ベースのゴーくん、
そして相方のShokun、
今回はホントに申し訳ない。
最後のアンコール、盛り上がったけど、
コレは完全に若風や炎舞のおかげ。
盛り上がったというより、盛り上げてもらったのだ。

10月にもイベントで唄うことになっているけど、
なんかちょっと怖くなってきた…
ましてShokunが欠席。
果たしてオイラ1人で盛り上げることは出来るのだろうか?
演奏面では家畜バンド(仮)のトシくんにギターを頼めたし、
ゴーくんも泰貴もいるので問題ない。
むしろオイラが問題。
オバー自慢…は三線弾きながら唄えないし。
若風エイサー隊も何人か来てくれるけど…
自分自身に対して、今日かなり自信がなくなった。
ハァ…

弱気、といわれればそれまでだが、
ちょっとの間弱気になってもイイじゃない。
またすぐに立ち直るからさ。

|

« 久しぶりに… | トップページ | 創作意欲はあれど… »

コメント

おはよう!凹んでいるんだ?でも、反省することは成功への道だもの。早くいつものポルコさんに戻ってね☆いつか、ポルコさんの歌を聴きたいな。ファイト!ポルコさん!

投稿: ひまわり | 2005.08.08 07:07

10月のイベントは何のイベントでしたっけ?
レッド不在なので、構成を考えたほうが良いかもしれませんね。
ゴーくんと私は音的にヘルプできても視覚的には地味なので。
音的にももう一人サンシンひきが居るほうがオバー自慢とかができますかねえ。
どのようにやるか今度話し合いましょう。

投稿: としこ | 2005.08.08 11:05

10月のイベントは、どこですか?
場所によっては、ぜひ、見に行きたです。
ぽーぽーずさんの唄、好きですよ!
自信もって頑張って。
応援してます。

投稿: みゆ | 2005.08.09 00:43

>ひまわりさん
いつの日か、唄を聴かせる機会があるとイイですねぇ。
なかなかソッチの方には、呼ばれることもないと思いますけど(笑)。

>としちゃん
10月のイベントは
「千葉県土建組合」のイベントって聞いてます。
(ちょっとコワイなぁ…笑)
ヘルプ&相談に乗ってやってくださいな。
やるからにはみんなに喜んでもらいたいし。
ゆたしくうにげーさびら。

>みゆさん
ありがとうございます!
イベントは、10月9日(日)に、
千葉ポートパークで開かれるそうです。
そういう祭なのかは、全然把握できてないんですけど、
(屋外なのか、屋内なのかもわからんのです)
一般の人も見られるのかどうか、
わかったら、また告知しますね。

投稿: PORCO | 2005.08.09 04:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19620/5359310

この記事へのトラックバック一覧です: 反省…:

» 沖縄<竹富島>の景観色 [カラーダイアリー]
旅行で訪れた竹富島は看板が一つもない「伝統的な景観の美を守る」というこだわりを持った美しい島。沖縄の伝統美の赤瓦の家並み、珊瑚石灰岩の石垣とフクギの防風林。そして、一番感動したのが白い砂の道。島全体が一つになっているというアウジ、アッパ(爺さん、婆さん)らが、毎朝道に砂をまき、ほうきではいているそうです。どうりで、ごみひとつ落ちてないはず。 石垣島の沖合い5.5Kmに位置し、人口286人、周囲約9.2キロ程の小... [続きを読む]

受信: 2005.08.10 01:00

« 久しぶりに… | トップページ | 創作意欲はあれど… »