« やってもうたぁ… | トップページ | 突然ステージへ »

2004.05.19

『こだわり』について考えてみた

nas_001.jpg


最近ふと思ったことなんだけど、
「こだわる」ことって、果たしてイイことなんだろうか、と。

そういうオイラもけっこうこだわりはある。
たとえばタバコは「アメリカンスピリット」とか、
バイクは「ヤマハ」とか。
若い頃はもっといろんなこだわりを持ってたなぁ。

こだわりたって、大したこだわりじゃないけど、
たとえばアメリカンスピリットというタバコは、
売っているところが限られていて、
けっこう切れたときに困ることが多い。
だからいつもカートン買いをしておく。
こだわるって言うことは、けっこう面倒なことなのだ。

そんなの当たり前だろう、って言うこだわりを持つ人も多いと思う。
でもちょっと考えてみると、
「こだわり」のハズが「かたくな」になっていて、
自分で自分の世界を小さくしてしまっていることって
けっこう多いんじゃないかなぁっておもったのだ。

音楽にたとえれば、
「オレはロックしか聴かない!」って、他の音楽を聴かないとする。
それって、スゴク損をしていると思うのだ。
音楽が好きなら、いろんな音楽を聴いてみるのも勉強になる。
そこから生まれる新しいモノもあると思うし、
改めてロックの素晴らしさを認識することもあるだろう。
「こだわり」が過ぎて「かたくな」になったとき、
まわりが見えなくなって、つまらない人間になっちゃう気がするんだ。

オイラの本業である執筆業もそう。
見たり聞いたり、体験してないものを、
オモシロイよって書いたところで、
それは中身がスカスカでウソくさい文章にしかならないし、
オモシロさなんて伝わるわけがない。

やはりいろいろと体験しておかないと、
執筆業にしろ、音楽にしろ、
頭でっかちじゃイイものなんてできないんだよね。
だから体験できるモノはいろいろと体験しておきたいし、
見たり聞いたりするようにしたいなぁと思ったのだ。

こだわりをなくすと、けっこうラクだったりもするしね。
だからタバコは、手に入るときは「アメリカンスピリット」だけど、
なかったら「ラッキーストライク」や
「マルボロ」「キャメル」とかなんでもいいや、ってなってきた。
(まだ洋モクにこだわってるか?…笑)
これもある意味沖縄が好きになったからかなぁ。
肩の力を抜いて生きるってことを学んだもんね。

|

« やってもうたぁ… | トップページ | 突然ステージへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19620/619498

この記事へのトラックバック一覧です: 『こだわり』について考えてみた:

« やってもうたぁ… | トップページ | 突然ステージへ »